読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ留学・ワーキングホリデーブログ in トロント

~ナイアガラの滝より愛を込めて~

留学経験者が語る!「iPod nano」が留学の必需品である3つの理由

私は、好きな音楽や英会話CDを聞くためにiPod nanoを留学するときに持っていったのですが、思っていた以上にiPod nanoが留学生活で活躍してくれました。

 

その理由を3つにまとめると以下のようになります。
1.ラジオが聞ける
2.Podcastが聞ける
3.Nike+のランニング支援機能がすごい
 
これらの理由を詳しく解説したいと思います。
 

1.ラジオが聞ける

3GやWifiのインターネット接続無しで、FMラジオが聞けます。(ただしAMラジオは不可。)
ラジオ局の自動スキャン機能や、ラジオ局名、流れている曲名を表示する機能がついています!ネット接続なしで曲名がわかるのに感動!
f:id:ohchang:20131128060319j:plain
トロントにいた時はKissFMという曲のラジオを良く聞いていました。最近の流行っている曲やイベント情報などが聞けたのが非常に良かったです。
 

2.Podcastが聞ける

英語の勉強に最適なPodcastが聞けます!Podcastにはいろいろな番組があり、ESLの番組やニュース番組、大学の講義やコンピュータに関する番組など自分の興味のある分野の英語を聞いて勉強することができます。
私は最初はこのESLの番組を聞いていました。
男女のダイアローグを題材に、英語で英語表現を勉強するという番組です。先生が解説の合間に挟む小ネタが好きでした(笑)
 
個人的にWordpressやJoomlaに興味があったので、これらのポッドキャストを聞いていました。
どちらも業界の有名人(プラグインやテーマ制作者)へのインタビューがメインの番組で、内容はわかりやすいと思います。
 
Podcastの使い方としては、パソコンのiTunesで好きなPodcast番組を検索し、エピソードをPCにダウンロード、USBケーブルでPCとiPod nanoをつないで、ダウンロードしたエピソードをPCからiPod nanoに転送する、という流れです。ちょっと面倒なのが残念。
iPhoneiPod touchでもPodcastを聞くことができてエピソードをインターネットから直接ダウンロードできて便利なのですが、iPod nanoで聴けばそれらの容量節約になります。(自分のiPod touchは写真やアプリで容量がいっぱいでした・・・)
 

3.Nike+のジョギング支援機能がすごい

海外にいると食生活が偏るせいかどうしても太りがちになるので、ランニングは欠かせません!
トロントにいた時は家の近くにただっぴろい公園があり、ランニングにもってこいの場所だったのでよく走っていました。
 
iPod nanoには歩数計機能がついています。(通勤通学のお供に最適)
また、走った時間、距離、ペース、カロリーを計算してくれるランニング支援機能もついています。
さらに、ベストタイム、合計走行距離などの履歴機能もついており、これらのデータをNike+のWebサイトにアップロードして管理したり、アドバイスがもらえたりできます。
iPod nanoは小さくて軽い(第6世代は21g)のでポケットに入れて走っても気になりません(iPhoneだとポケットの中で揺れて走りにくいです。)
 
 
自分が持っているのは第6世代で、最新型は第7世代です。
小さいもの、安いものが欲しい!という人には第6世代、
容量の大きいもの、画面が大きくて動画が見られるものが欲しい!という人には第7世代がオススメです。
 
Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

 
留学する人、しない人にも、英語を勉強していてランニングをするという人にはオススメの商品です。

 

DIR EN GREY OVERSEAS (U.S. / CANADA) TOUR2013 GHOUL in Toronto 2013/11/14

2013年11月14日のディルの海外公演に行ってきました!

 

ライブのネタバレ注意!

 

ライブそのものは、ライブの2週間前くらいにカナダの友人がFacebookでライブについてつぶやいていたのをきっかけに知りました。

 

ライブ前日にネットでチケットがまだ買えるのを確認し(完売できなかったってこと!?)、無事当日券を購入!ヤッタネ!(笑)

そういえば会場外の待機列に並んでいたら、前の2人も日本人でした。彼女たちもワーホリでカナダにいるそうです。

 

会場はこんな感じの小さいライブハウス。内装がおしゃれ。PA卓に柵がないので、観客がさわろうと思えば触れてしまいます。

f:id:ohchang:20131114192315j:plain

 

 

会場をウロウロしていると、語学学校卒業以来会っていなかった友人に遭遇!そしてなんと彼は以前、ディルの事務所で働いていたそうです!このライブも元上司のディルのマネージャーさんに誘ってもらったとか。そして、そのディルのマネージャーも登場。

 

俺「ディルのライブは2週間くらい前にあるのを知って、今日は当日券を買いました」

マネ「当日券いくらだった?」

俺「(あれ?マネージャーなのに知らないの?)30ドルでした。」

マネ「そうなのか。現地のことは現地(のプロモーター)に任せてるから知らないんだ」

 

俺「今回のツアーでカナダの他のところ、バンクーバーとかは回らないんですか?」

マネ「今回はまわりやすいところをまわっているからねえ。以前はモントリオールに行ったこともあるけど。」

 

 

開場7時、開演8時。

前座のフランスのバンド「DAGOBA」の演奏がスタート。


Dagoba - The Things Within - YouTube

 

ヘヴィロックバンドで、歌詞は英語。ビジュアル的にはぽっちゃりしたおっちゃん(若い?)たちでイマイチ(失礼) あれ、Youtubeと実際の印象が違う・・・

ノリはかなり良く、観客を煽るのが上手で、会場をジェスチャーでパカっと2つに別れさせて、左と右がぶつかれー!戦えー!てな感じでモッシュを煽ったり、お前ら回れー!のジェスチャーでサークルモッシュが始まったりしていました。曲によっては、観客が手持ちのライターを着火して頭上に掲げたりもしていました。日本じゃダメだろうな・・・

 

で、9時10分くらいに会場が暗転すると、観客からうぉー!という声。そして、ディルアングレイ!ディルアングレイ!のコール。

 

ステージ上にメンバーがひとりずつ登場し、京さんが登場した時に衝撃が個人的に走る。

最近の京さんはメイクするのねー!

顔面は骸骨メイクで、顔の周りを薄い黒い布で巻いていて、衣装は、振り袖みたいなものを羽織っていました。いつ見ても良い腹筋。

今回はお立ち台はありませんでした。

 

ライブの演出でかなり衝撃だったのが、これ。

Japan's Dir En Grey Bring Enigmatic Show to NYC http://loudwire.com/dir-en-grey-nyc-concert-gallery/ より引用

 

京が客に背を向けて歌うのですが、マイクにカメラがついていて、スクリーンに骸骨の京の顔面が大きく映し出される、というもの。

1曲まるまる、京の変顔が楽しめるよ!!(笑)

怖いのを通り越して、笑いを抑えるのに必死でした。

隣のカナディアンが日本語で「コワイー!」って叫んでたのも衝撃。

 

 

としやはなんかええとこの坊っちゃんてな感じ(?)

演奏中も日本と同様にぴょんぴょんくるくるしてました。観客からのとしやー!の声も結構聞こえました。

 

しんやのクラッシュシンバルがプロジェクターをめっちゃ邪魔してて、スクリーンにずっと影ができていたのがずっと気になりました。

 

曲によっては観客の合唱が起きることも。 dead treeのなーぜなーぜくりかーえされーるーのところでは前にいた白人のお姉さんが手をひらひらさせてました。

日本だと、特定の曲の部分で観客(バンギャ?)が同じような動き(ヘドバン、折りたたみ、手扇子?)をすることがあると思うのですが、トロントではそういうのはありませんでした(当たり前か)

モッシュは日本と同じくらい激しかったです。サークルモッシュやダイブは自分の視界の範囲では発生せず。

曲間でデスボで「き゛ょ゛ー!」という声は聞こえましたが、「き゛ょ゛き゛ょ゛き゛ょ゛き゛ょ゛き゛ょ゛ー!」とか「だだだだだーい゛!」と叫ぶ人はいませんでしたw

 

トロントのセトリは見つけられなかったので別の公演のものを参考にはりつけ。おそらくほぼ同じだと思います。

 

自分は終バスの都合でかすみで帰ったのですが、セトリを見るとアンコールの3曲、超聞きたかったー!!!

 

DIR EN GREY Concert Setlist at Trees, Dallas on November 3, 2013 | setlist.fm - http://www.setlist.fm/setlist/dir-en-grey/2013/trees-dallas-tx-23c4b83b.html

 

  1. REIKETSU NARISEBA
  2. Unknown.Despair.Lost
  3. KARMA(2013 ver.)
  4. GAIKA, CHINMOKU GA NEMURU KORO
  5. DOZING GREEN
  6. Bottom of the death valley(2013 ver.)
  7. INWARD SCREAM
  8. THE BLOSSOMING BEELZEBUB
  9. dead tree
  10. VINUSHKA
  11. RINKAKU
  12. -karasu-(2013 ver.)
  13. DIFFERENT SENSE
  14. KASUMI(2013 ver.)

Encore:

  1. OBSCURE(2011 ver.)
  2. THE FINAL
  3. HAGESHISA TO, KONO MUNE NO NAKA DE KARAMITSUITA SHAKUNETSU NO YAMI 

 

トロントの新しい水族館「RIPLEY'S AQUARIUM OF CANADA」に行ってきました(写真たくさん)

http://instagram.com/p/goKJHKJJl0/

Instagram

今年2013年10月にやっとオープンした、トロントの水族館「RIPLEY'S AQUARIUM OF CANADA」に行ってきました!

写真をたくさん撮ってきたのでそれらとともに振り返りたいと思います。

 

続きを読む

今日のmetroで気になったイベント等の広告

トロントは夏真っ盛り!イベント目白押しのシーズン!

トロントで最も有名な、地下鉄で半数以上の人が読んでいるのを見かける”metro”というフリーペーパーがあるのですが、今日のmetroにいろいろと気になる広告があったので紹介したいと思います。

 

続きを読む

あなたはこんなにも高速回転する○○をかつて見たことがあっただろうか・・・ taste of the DANFORTH(トロントのグリークタウンフェスティバル)

http://instagram.com/p/c2rfmSpJhN/

トロントのグリークタウンのフェスティバル、taste of the DANFORTHに行ってきました~

いろいろと美味しいものを食べ(ほとんど食べてばかり)、面白いものを見てきたので撮った写真や動画をご紹介したいと思います。

続きを読む